名称: 象の鼻地区再整備基本設計業務委託プロポーザル
対象地:神奈川県横浜市
2006年度

 
横浜港発祥の地であり、ウォーターフロントエリアの要衝。横浜という港湾都市が海へダイレクトに開くことを象徴的に演出するデザインを提案した。税関分庁舎を撤去し、県庁< King >と横浜税関< Queen >がダイレクトに出会い、交差する広場を演出。「煉瓦のスクリーン」から、光のストライプが海へ伸びる空間演出など、 港風景を基盤から支援し、 活性化するデザイン。
コンセプトは、“ Blue in Green” ―― 緑が包む、海へのファサード空間。 緑のアクティヴィティが、空間をゆるやかに包み込みつつ、歴史と空間の位相を超えて都市を海へ繋ぎわたす。
 
 
 
※当ホームページに掲載されている文章、画像等の無断転載は禁止しています。