名称:高千穂通「Tーテラス」
所在地:宮崎県宮崎市
竣工:2007年度

 
 
 

 宮崎駅の正面から市街へ伸びるシンボルロード・高千穂通には、 現在使われていない噴水がいくつか点在している。その一つを改修し、 17.5 m× 4.0 mのデッキテラスを仮設的に設置。単なる公共事業とは異なり、地元住民から寄付を募り、建設費と維持費を捻出するなど、地元主導・参加型の社会実験であり、様々なイベントステージとして、まちの活性化を図る。
 全て地場材の杉で造形。 噴水の組み石がデッキ上にスツールとなって現れ既存高木もデッキから突き出る。車道側には木製ルーバースクリーンを設置して、喧騒から利用者を保護する。

 
 
 
 
 
※当ホームページに掲載されている文章、画像等の無断転載は禁止しています。