名称: 出雲大社表参道・神門通り
所在地: 島根県出雲市
竣工: 2013 年 3 月(第一期)

 

神門通りは、出雲大社の表参道として大正 2 年( 1913 )年に整えられた。しかし戦後自動車の増加によって、歩行者空間は沿道建物と松並木に挟まれた狭小な部位に追いやられ、歩いて参詣するという参道本来の機能が阻害されてきた。「シェアドスペース」の概念を導入して歩行者空間の拡充と車道の縮小、それによる車両走行速度の抑制を同時に図ることで、「歩いて参詣する」という、参道本来の機能を取り戻して賑わいを復活させるプロジェクト。同時に、伊勢神宮と並ぶ存在である、出雲大社の表参道にふさわしい参道様式を重車両通行に対応する機能デザインの中に追求した。ストリートファニチュア・南雲勝志

出雲大社大遷宮(本殿遷座祭)に合わせて、第一期工事竣工 2013 年 3 月

 
※当ホームページに掲載されている文章、画像等の無断転載は禁止しています。