名称:日向市駅前東口広場
所在地:宮崎県日向市
竣工:2006年度

 
 

連続立体構造となる宮崎県日向市駅の駅前広場。 地域文化をここから発信するのだという、力強くも穏やかなオリジナリティが内藤廣設計の駅舎には表現されている。 そのメッセージを継承しながら、 交通広場、 隣接するイベント緑地、接続する様々な街路を、トータルで空間演出した。この事業によって、鉄道で分断されていた東地区(海の文化圏)と 西地区(山の文化圏) が文字通り結び合わされた。 海(細島港)への街路軸線が東口駅前広場の形にそのまま飛び込んで一翼となり、 その軸線を継承しながらさらに煉瓦の帯が中央コンコースを抜けて、西側広場の保存樹(大銀杏)に到達する。地区が結び合わされた祝祭の造形。地域住民との直接対話からすべての造形はつむぎだされた。
ストリートファニチュア・デザインは南雲勝志。
コーディネートは佐々木政雄。
全体監修・篠原修。

 
※当ホームページに掲載されている文章、画像等の無断転載は禁止しています。