写真提供:武田光史建築デザイン事務所(中上、中下)
図版作成:伊藤レンダリング(下)
 

名称:防府まちの駅プロポーザル
所在地:山口県防府市

 

 防府天満宮は、 萩と防府をつなぐ歴史街道・萩往還の要衝にして、防府の歴史資産群の中核である。 その天満宮敷地の一角に「まちの駅」を計画する公募型プロポーザル・コンペによって一位特定。 建物は、オープンテラスを前面にしながら側面に防府天満宮参道に沿って『まちの縁側』である深い軒下空間と中庭を配置。燻し煉瓦のテラスがまちに向けてにぎわいを演出し、軒下空間が参道と一体となって祝祭のにぎわいを受け止める。
建築設計:武田光史(武田光史建築デザイン事務所)+三村夏彦(堀設計事務所)
建築構造: 大賀建築構造設計事務所
建築設備:松浦設備設計、高城設備設計室
照明計画:ぼんぼり光環境計画

 
 
 
 
※当ホームページに掲載されている文章、画像等の無断転載は禁止しています。